WiFi レンタル 海外

海外でレンタルWiFiを賢く選ぶには?

「海外に行く時はどのレンタルWiFiが良いの?」
海外に行く際に一度は持たれた疑問ではないでしょうか。

渡航先や用途によって海外レンタルWiFiにかかる価格も大きく変わってきますし、比較方法を間違えると先程の押さえるべきポイントの中で「高いレンタル業者で余計なレンタル費用がかかった」「ネットにつながらない」なんてこともありえます。

私も以前に何度か海外に行きましたが、その度に海外レンタルWiFi選びが上手くできず、結局空港やカフェでフリーWiFiを駆使していました。

しかしネットを使いたい状況はこれら以外がほとんどで、連絡が取りたいけど取れない、目的地までのルートを調べたくても分からないなんてことも・・・

それ以降、私は海外レンタルWiFiに関する30サイト以上を徹底解析しました。そこで今回は、皆さんが私と同じようにレンタルで失敗しないために、上記の情報をご紹介することにしました!

まずは海外用レンタルWiFiのポイントを紹介します。その上で確実に失敗しないレンタルWiFi選びを伝授!

では最初に、海外でWiFiをレンタルするメリットについて見ていきましょう。





外国でインターネットを使う方法


冒頭ではレンタルするルーターのポイントについて紹介していくと書きました。しかし、その前に海外でインターネットを使う手段を知っておきましょう。

なぜなら、意外とインターネットを使う方法がいくつかあり、知られていないものもあるので、是非この機会に特徴を比較してもらいたかったのです。

ご存知の方も多いかもしれませんが一般的に海外でインターネットを使う方法は4つ。

① フリーWiFi

② 携帯電話の海外パケット定額

③ 現地のSIMカード

④ 海外モバイルWiFiをレンタル


があります。

「これら4つの違いが分からない」

という方にそれぞれの違いについてまとめてみました。

手段 特徴
フリーWiFi カフェやレストラン、ホテル等の公共の場において、 使える無料のWiFiです。
携帯電話会社の 海外パケット定額 日本で使っているau、ドコモ、ソフトバンクの電波につなげる方法。 WiFiルーターが必要ない。
海外のSIMカード 携帯電話の中に内蔵できる小さなチップカードで、現地のキャリア用のSIMカードと差し替えて使用。
海外用モバイルWiFiをレンタル 海外用レンタルWiFiを借りていつでもインターネットにつながる。

それぞれの特徴を理解いただけたかと思いますが、 「それぞれの何が良いのかが分からない」というあなた。 メリットとデメリットについてもまとめてみましたので、チェックしましょう。



メリット・デメリット

手段 メリット デメリット
フリーWiFi ・無料であること ・フリーWiFiがあるところでしか使えない
・ウィルスが侵入したり、データを盗まれるリスクがある
携帯電話会社の 海外パケット定額 ・WiFiルーターが必要ない
・定額制で使える
・設定を間違えると高額な請求

・利用料金が高い
海外のSIMカード ・WiFiよりも安く使える ・SIMフリースマホの用意が必要
・現地対応のSIMカードが必要
海外用モバイルWiFiをレンタル ・いつでもインターネットが使える
・1台で同行者が使用可能
・インターネットの利用料を気にせず定額で利用可能
・受取・返却も簡便
・電池がなくなると使えない

・使う場合は手放せない

このように使い方やご自身の条件によってネットを使う手段も変わります。しかし、このメリット・デメリットを見ると海外レンタルWiFiの方がメリットが多い為、やはり海外に行く場合はWiFiをレンタルする方がおすすめです。

そこで、海外渡航時にはレンタルWiFi一択というあなた。 WiFiをレンタルする際の押さえておくべきポイントについてご紹介します。

海外レンタルWiFiを選ぶ際に押さえるポイントは3つ!

① 価格

② 速度

③ 容量


なぜこのポイントが重要かと言うと、このポイントを間違えると海外WiFiレンタル代が高くなった、渡航先でネットが繋がりにくい、制限に達して使えなくなった等の不便を感じる可能性があり得るからです。


しかし、ここでポイントが理解できれば海外WiFiをレンタルより快適に使えるようになります。 上記ポイントについて詳しく見ていきましょう。




海外ルーターをレンタルする際のポイントは?


前の章では海外レンタルWiFiを選ぶべき3つのポイントを紹介しました。ここからは更にそのポイントについて詳しく解析していきます。

先程の押さえるべきポイントの中で気になったものはありましたか。

WiFiをレンタルされる多くの方が価格を気にされるそうです。海外でWiFiを使うとなると価格も高いという印象がありますからね。よってここからは価格について見ていきます。 価格を構成する要素がいくつかあります。

その要素とは

・海外渡航先

・通信速度

・利用可能データ量

・保障サービス

です。

渡航先 海外の渡航先によって価格が大きく変わります。まずWiFiをレンタルして海外に持っていく場合は、渡航先を絞って決定
通信速度 海外レンタルWiFiは3G⇒4Gの順で速くなり、速くなる分料金も高額に。 通信速度重視であれば4Gを選ぶべき
利用可能データ量 通信データ量も250MB~無制限で、データ量が多い分、 レンタル料金も高い。通信速度と同様に用途に応じて選択する。海外でどれぐらいの容量でどれくらい使えるかが分からない方は無制限のおすすめページをチェック!。
保障サービス 海外では想定外のことが。。 紛失、盗難、破損に備えるために補償サービスが充実した海外レンタルWiFiを選ぶのもベター

海外渡航時必見!無制限のおすすめルーターはどれ?

ざっと料金が変わる要素をまとめるとこのような形になります。

海外レンタルWiFiを借りるためにまず選択するのは海外渡航先。

次に通信速度が3G、利用可能データも最も少ないものを選択すれば、安いものをレンタルできます。 とは言え、海外に行ってネットを快適に使いたい方も多いはず。

容量不足、接続速度が遅かったりすると、せっかくの海外レンタルWiFiも台無しになることもあります。 そのようなことが起きない為に、用途に合わせた海外レンタルWiFiを選びましょう。


海外レンタルWiFi徹底比較~価格・速度・容量・補償別にチェック


海外でWiFiを利用するためにレンタルWiFiの選び方を紹介してまいりました。 ここからは海外レンタルWiFiの申し込みが特に多い国で、価格・通信速度・容量・補償の種類別(補償なし、全額補償)の4つを比較していきます。

こちらで見ていく国は韓国、ハワイ、アメリカ、台湾、タイの5か国。海外渡航先を選ぶ場合は国名をクリック⇒(韓国、ハワイ、アメリカ、台湾、タイ)


※補償は付けたいけど、価格を極力押さえたい。 そのようなあなたには一部補償もおすすめ。

まずは、韓国の海外レンタルWiFiをチェック!

レンタルWiFi種類 4G高速(海外) プラン名 1日容量 レンタル代(補償なし) レンタル代(全額補償)
フォートラベル GLOBAL WiFi 通常 250MB 334円 658円
大容量 500MB 484円 808円
超大容量 1GB 884円 1208円
グローバルWiFi 通常 250MB 344円 668円
大容量 500MB 494円 818円
超大容量 1GB 8944円 1218円
イモトのWiFi 大容量 500MB 520円 736円
ギガ 1GB 950円 1166円
Wi-Ho(ワイホー) 通常 250MB 355円 658円
大容量 500MB 550円 808円
ギガ 1GB 800円 1208円
無制限 無制限 1050円 ×
88mobile 通常 250MB 360円 ×
超大容量 1GB 850円 ×
JAL エービーシー 大容量 無制限 1,150円 ×
韓国データ 無制限 無制限 590円 790円

現地でネットを使う際に 必要最低限の場合はフォートラベルGLOBAL WiFiで十分でしょう。しかし、現地でテレビ会議や、動画視聴といった 容量が多く必要になる用途の場合だと、容量無制限の韓国データがかなりおすすめ。



次に人気のハワイの海外レンタルWiFi

レンタルWiFi種類 4G高速(海外) プラン名 1日容量 レンタル代(補償なし) レンタル代(全額補償)
フォートラベル GLOBAL WiFi 通常 250MB 479円 803円
大容量 500MB 684円 1008円
超大容量 1GB 1,034円 1358円
グローバルWiFi 通常 250MB 489円 813円
大容量 500MB 694円 1018円
超大容量 1GB 1,044円 1368円
イモトのWiFi 大容量 500MB 780円 996円
ギガ 1GB 1150円 1366円
Wi-Ho(ワイホー) 通常 250MB 499円 715円
大容量 500MB 730円 946円
ギガ 1GB 840円 1056円
U.S.データ 大容量 700MB 690円 ×
JAL エービーシー 大容量 無制限 1,250円 ×
レンタルWiFi種類3G高速(海外)
イモトのWiFi 大容量 500MB 490円 706円
ギガ 1GB 840円 1056円
JAL エービーシー 大容量 無制限 1,150円 ×
ジャパエモ 通常 150MB 500円 ×

ハワイに旅行される際には、観光地へのルートを調べたり、行動を別々にした同行者との連絡を取り合ったりという場合が多いかと思います。

期間にもよりますが容量の目安ガイドでおおよその目安を確認してもらって、容量を決定していきましょう。

アメリカの海外レンタルWiFi

 レンタルWiFi種類 4G高速(海外) プラン 1日容量 レンタル代(補償なし) レンタル代(全額補償)
フォートラベル GLOBAL WiFi 通常 250MB 479円 803円
大容量 500MB 684円 1008円
超大容量 1GB 1,034円 1358円
グローバルWiFi 通常 250MB 489円 813円
大容量 500MB 694円 1018円
超大容量 1GB 1,044円 1368円
イモトのWiFi 大容量 500MB 780円 996円
ギガ 1GB 980円 1196円
Wi-Ho(ワイホー) 通常 250MB 499円 715円
大容量 500MB 730円 946円
ギガ 1GB 840円 1056円
U.S.データ 大容量 700MB 690円 ×
JAL エービーシー 大容量 無制限 1,250円 ×
レンタルWiFi種類3G高速
イモトのWiFi 大容量 500MB 490円 706円
  ギガ 1GB 840円 1056円

ビジネスとして重要なメールやテレビ会議をするような場合は、 1GB~無制限がおすすめ。 観光で現地の情報を確認したり、連絡のやりとりを用途とする場合は250MB~500MBの範囲で検討を!

続いて台湾の海外レンタルWiFiです

 レンタルWiFi種類 4G高速(海外) プラン 1日容量 レンタル代(補償なし) レンタル代(全額補償)
フォートラベル GLOBAL WiFi 通常 250MB 479円 803円
大容量 500MB 684円 1008円
超大容量 1GB 1,034円 1358円
グローバルWiFi 通常 250MB 489円 813円
大容量 500MB 694円 1018円
超大容量 1GB 1,044円 1368円
イモトのWiFi 大容量 500MB 780円 996円
ギガ 1GB 980円 1196円
Wi-Ho(ワイホー) 通常 250MB 499円 715円
大容量 500MB 730円 946円
ギガ 1GB 840円 1056円
U.S.データ 大容量 700MB 690円 ×
JAL エービーシー 大容量 無制限 1,250円 ×
レンタルWiFi種類3G高速
イモトのWiFi 大容量 500MB 490円 706円
  ギガ 1GB 840円 1056円

台湾では価格面でWi-Hoがかなりお値打ち。 使用頻度が低い場合は250MBの海外レンタルWiFiで十分かもしれません。

しかしどれくらい使うかわからないが、250MBの海外レンタルWiFiだと不安というあなた。

台湾データにご注目ください!

台湾データの海外レンタルWiFiが無制限で590円という価格なので、これはかなり安心してもらえると思います。

また、台湾でのレンタルでは3Gの中速速度通信の取扱も多いですが、 台湾国内での海外レンタルWiFiの3Gはおすすめしません。 Yahooを開くにも1分ほどかかるので、使用中に遅いと感じてしまうかも。


最後に微笑みの国タイでの海外レンタルWiFiです。

レンタルWiFi種類 4G高速(海外) プラン 1日容量 レンタル代(補償なし) レンタル代(全額補償)
フォートラベル GLOBAL WiFi 通常 250MB 584円 908円
大容量 500MB 684円 1008円
超大容量 1GB 884円 1208円
グローバルWiFi 通常 250MB 594円 918円
大容量 500MB 694円 1018円
超大容量 1GB 894円 1218円
イモトのWiFi 大容量 500MB 730円 946円
ギガ 1GB 1280円 1496円
Wi-Ho(ワイホー) 通常 250MB 380円 596円
大容量 500MB 700円 916円
ギガ 1GB 800円 1016円
タイデータ 無制限 無制限 590円 790円
JAL エービーシー 大容量 無制限 1,250円 ×
レンタルWiFi種類3G高速(海外)
フォートラベル GLOBAL WiFi 通常 250MB 334円 658円
大容量 500MB 484円 808円
グローバルWiFi 通常 250MB 344円 668円
大容量 500MB 494円 818円
イモトのWiFi 大容量 500MB 510円 726円
JAL エービーシー 大容量 無制限 1,150円 ×

250MBだと圧倒的にWi-Hoが一押し。 しかし、それ以上の場合だとタイデータ一択になります。 ご自身の渡航先を選んだ後に、用途を確認していきましょう。

速さもしくは、WiFiを使う際の容量なのか、それぞれを決めた上で価格も比較ができるので、是非ご参考に!


WiFiを海外で使う場合、一番のおすすめは?


ここまでは比較表から各レンタル業者別を紹介してきました。果たしてどの海外レンタルWiFiが、おすすめになるのでしょうか。

レンタルWiFiでおすすめはズバリ、フォートラベル GROBAL WiFi。 価格面でもお得な海外レンタルWiFiになります。

500MB以下を想定したレンタルであれば、フォートラベル一択で問題なし。
しかし、1GBもしくは無制限で使われる場合には、

韓国⇒韓国データ

タイ⇒タイデータ

台湾⇒台湾データ

が無制限でお得に使えるのでかなりおすすめです。海外でWiFiをレンタルされる際には、渡航先⇒通信速度⇒容量の順で価格を比較してみましょう。




まとめ


いかがでしたでしょうか?海外でWiFiをレンタルするポイントは多く、どのWiFiをレンタルすれば良いのか一苦労されるところです。

レンタルするポイントは価格、速度、容量の3つ。
そして価格は最も意識してしまいがちですが、

海外では特に通信速度によってインターネットのつながりが悪かったり、 容量が不十分の場合は、WiFiが使えなくなってしまうリスクも・・・

このようなことにならないためにも、渡航先を選んで通信速度、容量を考慮して価格を比較することで海外でも快適にネットを使うことができます。 ちなみに、価格重視であればフォートラベル GLOBAL WiFiがおすすめ。

海外渡航時には是非失敗しない海外レンタルWiFiを選んでもらえると嬉しいです。皆さんのレンタルwifi選びの一助になれば幸いです。

おすすめの記事

  1. 無制限のルーターを上手に借りる!
  2. 国内・海外のレンタルルーター徹底比較
  3. 国内でWiFiレンタルを賢く選ぶには?
  4. 海外でレンタルWiFiを賢く選ぶには?
PAGE TOP