ルーター 比較

国内・海外のレンタルルーター徹底比較

WiFiをレンタルする際に、ネットから検索をすると国内・海外のレンタルWiFiページとそれぞれ別のページが検索結果に表示されると思います。

このような時に「海外・国内でレンタルWiFiする際のポイントは違うの?」と思われたあなた。

このような疑問を持たれてる方は、是非当ページをご覧下さい! なぜなら、私が国内・海外でレンタルWiFiを数十回試し、徹底比較した知見を紹介しているので、あなたの疑問を解決できます。

もし、何も分からずにポイントや比較方法を間違えると、「数万円損した」「通信速度が遅い」なんてことも。

せっかくレンタルWiFiするなら快適使いたいですよね? このページを見てもらったら、押さえるべきポイントが分かるので、 失敗しないレンタルWiFiが可能!

今回このページでは、まずは国内のポイントと比較方法について解析。比較表を用いて国内のおすすめレンタルWiFiを紹介していきます。

では早速、国内でレンタルWiFiをする際に何をポイントにして比較していくか、解説していきます。
※海外のポイントや比較方法を知りたい方は、こちらをチェック!
海外渡航時の押さえるべきポイントやおすすめWiFiを確認できます。
【海外でレンタルWiFiを賢く選ぶ方法】






比較して分かる!ルーターを借りる上で重要なポイント


WiFiをレンタルする際に、悩まれていませんか?初めてWiFiをレンタルする方は、悩まれるのも無理ありません。というのも、 WiFiレンタルと検索しても、速さ、容量、価格、補償等、選ぶポイントも様々。

その上、レンタルWiFiを取り扱っている業者の数の多さにも、圧倒されるからではないでしょうか。

WiFiのレンタルルーターは、現在多くの業者が扱っており、わたしたちからすると、「何をポイントにして比較すればいいのか」と迷ってしまいがちです。

こちらでは、国内でレンタルWiFiをする際に押さえるべきポイントと比較方法について紹介。

まずは、レンタルする上でポイントを押さえるところから進めていきます。このポイント選びを間違えてしまうと、後々レンタルしたWiFiを上手く使えなかったと悔やんでしまうことも…

ここでしっかりと考えていきましょう。
押さえるポイントは3つ。

価格

保証内容

受取方法


です。

それぞれのポイントは、レンタル業者によって様々。特にポイントの一つにある価格は、しっかり比較を行うことで 「余計な出費が増えた」「数万円損した」というリスクを回避できます。

補償内容、受取方法もレンタル業者によって内容が異なり、この2つのポイントもしっかり決めていくことで、快適にWiFiをレンタルすることができます。

このページには、これらを述べたポイントの比較は勿論、比較した後におすすめのレンタルWiFiを紹介!
では早速、国内のレンタルWiFiの価格を比較していきましょう。




WiFiを国内でレンタルする時の比較ポイント~ランキング形式で紹介~


ここからは、国内でWiFiをレンタルする際に、価格を中心に各レンタルルーターを比較していきます。

レンタル代 値段比較表

順位 短期
(1泊2日~1週間)
中期
(1週間~2週間未満)
長期
(2週間~)
1位 WiFiレンタルどっとこむ(300円~/日) e-ca
(1410円~/日)
e-ca
(1410円~/日)
2位 e-ca
(300円~/日)
WiFiレンタルどっとこむ(1420円~/日) WiFiレンタルどっとこむ(1420円~/日)
3位 WiFiレンタル本舗
(380円~/日)
88mobile
(1490円~/日)
88mobile
(1490円~/日)

短期プラン(1泊2日~1週間)、
中期プラン(1週間~2週間未満)、
長期プラン(2週間~)でそれぞれの価格を表示して比較しています。

この各種レンタルWiFiを比較して見てみると、国内で1週間以内の利用期間であれば、WiFiレンタルどっとこむが1stチョイス。それ以降の利用を比較してみた場合は、e-caが1stチョイスになります。

期間によって最安価が変わりますので、価格を意識される場合は期間別に比較するのが鉄則。レンタル代だけを比較して見ると、e-ca、WiFiレンタルどっとこむが1位ですが、補償内容を比較してみると、順位がまた変わってくるかもしれません。

では、早速補償内容も比較していきましょう。


補償内容ランキング 比較表 
 
レンタルWiFiと各価格 安心保証内容を比較!
e-ca
レンタル代(300円/日)
補償代(43円/日)
万が一の故障時に端末を無償補償するサービスです。(補償無しの場合、故障時に最大42,626円の負担となります。)
WiFiレンタルどっとこむ
レンタル代(300円/日)
補償代(43円/日)
・安心補償サービスに入会することでポケットWiFi使用時に故障・水没しても無料交換が可能です。
・レンタルポケットWiFiを紛失した場合は弁償金が発生します。安心補償加入の場合、弁償金は正規請求金額の20%となります。
WiFiレンタル本舗
レンタル代(380円/日)
補償代(540円/台)
安心補償サービスに入会することでポケットWiFi使用時に故障・水没しても無料交換が可能です。
・レンタルポケットWiFiを紛失した場合は弁償金が発生します。安心補償加入の場合、弁償金は正規請求金額の20%となります。
88mobile
レンタル代(420円/日)
補償代(540円/台)
破損や全損した場合に安心補償パックに加入していれば半額補償されます。

安心補償の内容を比較して見ると、e-ca『万が一の故障時に端末を無償補償するサービスです。』という内容がベスト。

WiFiレンタルどっとこむの場合、紛失した場合においては請求金額の20%を請求されてしまうので、一番手厚くて安心な補償はe-caになります。

その他のWiFiレンタル本舗、88mobileについて説明します。WiFiレンタル本舗の補償内容に関しては、e-caと同等。E-caの方が安い(2週間までは)のであれば、この時点でWiFiレンタル本舗はおすすめになりません。

88mobileの補償内容に関しては、補償に入っていても半額補償ということなので、そこまで補償が手厚くない点で、おすすめのレンタルWiFiではなくなってしまいます。!

総括すると、価格、安心補償を比較してトータルで見ると、e-caの方が手厚く、コスパが高いということになります。

しかし、 補償を必ず付けたい、30日以上借りたい方は、WiFiレンタル本舗がおすすめ。


なぜなら、

レンタル期間日数 レンタル業者 価格
1日 e-ca
343円
WiFiレンタル本舗 920円
7日 e-ca
2443円
WiFiレンタル本舗 3200円
14日 e-ca
4802円
WiFiレンタル本舗 5860円
30日 e-ca
13802円
WiFiレンタル本舗 11940円

比較してみると30日の料金が11960円という結果が出ているからです。よって、この期間以上でレンタルする場合はWiFiレンタル本舗でのレンタルをおすすめします。

そして最後のポイントの受取方法について見ていきましょう。WiFiの受取も比較して見ると、いくつか手段があります。宅配対応なのか、ポスト返却ができるのか、店舗によって様々。

最後に、国内WiFiレンタル受取方法について比較していきましょう!



国内WiFiレンタル受取・返却方法 比較表

 
レンタル業者 宅配受取 空港受取 宅配返却 空港返却 ポスト投函返却
e-ca
540円

540円

自己負担

540円

540円
WiFiレンタルどっとこむ
540円

540円

自己負担

540円
×
WiFiレンタル本舗
540円

540円
× ×
0円
88mobile
990円

1,620円
× ×
一部対応可

0円

受取、返却手段について比較表を基にチェックしていきましょう。比較表を見ると各レンタル会社は宅配受取、空港受取とほとんど違いがありません。

しかし返却では、e-caが宅配返却、空港返却、ポスト投函返却に対応しており、総合的な利便性で優位。価格・補償面含めても非常にハイパフォーマンスなe-ca.
『それならe-caでいーか。』と思ってしまうかもしれません。

しかし、国内で使うとなった場合、空港での受取や返却ができるWiFiとそうでないものがあります。

ということで、ここからは特に利用客の横行が激しい成田空港と羽田空港で受取対応が可能な空港を比較して紹介していきます。




レンタルする時のポイント~受取から返却まで(成田空港)~


成田空港で対応可能のルーターをこちらで比較していきます。業者によって営業時間もかなり違ってくるので、あなたの都合に合わせたレンタルも選択のポイントになるのではないでしょうか。この機会に是非比較してみましょう!

成田空港での受取可能 レンタル一覧比較表

成田第1ターミナル 成田第2ターミナル
WiFiレンタルどっとこむ 国際線到着ロビー 到着カウンター1階QLライナーカウンター営業時間:6:30~最終便到着まで 国際線到着ロビー 到着カウンター1階 QLライナーカウンター営業時間:6:30~最終便到着まで
e-ca 国際線到着ロビー 到着カウンター1階 QLライナー営業時間:6:30~最終便到着までカウンター 国際線到着ロビー 到着カウンター1階 QLライナーカウンター営業時間:6:30~最終便到着まで
WiFiレンタル本舗 成田空港郵便局 第1ターミナル内分室営業時間:8:00~20:00 成田国際空港郵便局 第2旅客ビル内分室営業時間:8:00~20:00営
88mobile 成田空港郵便局 第1ーミナル内分室営業時間:8:30~20:00 成田空港郵便局 第2旅客ビル内分室営業時間:08:30~20:00

比較表の営業時間の部分を見ると、WiFiレンタルどっとこむ、e-caは最終便到着まで営業しています。夜遅くのフライトでも、安心して受け取れるのはポイント!

成田空港からの出発時、もしくは、成田空港到着時立ち寄りの際のどちらでも安心してWiFiを受け取ることができるのは嬉しいですね。


では、国内航路の多い羽田空港はどうでしょうか。羽田空港での受取対応比較表をチェックしましょう!




国内航路ユーザー必見!~WiFi店舗を紹介(羽田空港)~


先程は成田空港での取扱WiFiレンタルを比較しました。 ここからは、国内の航路のメインどころ、羽田空港のWiFiレンタルを比較していきます!


羽田空港での受取可能 レンタル一覧比較表

羽田空港
WiFiレンタルどっとこむ 国際線ターミナル駅2階営業時間:6:30~23:45
e-ca 国際線ターミナル駅2階営業時間:6:30~23:45
WiFiレンタル本舗 第1旅客ターミナルビル1F 羽田空港郵便局営業時間:9:00~17:00
88mobile 羽田空港郵便局営業時間9:00~17:00

羽田空港でも同様に各種レンタルWiFiの取扱がありますが、営業時間を比較して見ると、店舗毎の営業時間に大きな開きがあります。

WiFiレンタルどっとこむ、e-caは営業時間:6:30~23:45と営業時間が最長。
やはり、空港を利用する側から比較して見ると、営業時間の長い店舗のほうが、安心して使えますよね。

そう考えると、顧客志向で朝速く、夜遅く営業しているe-caは優良そのものです。店舗が空いてなくていらいらするといった、余計なストレス、疲れを蓄積させないためにも、国内のWiFiレンタルはe-caで決まり!


まとめ~比較して分かるポイント~


いかがでしたでしょうか?WiFiをレンタルする際には、まずはポイントを押さえて、その上で比較していくことを冒頭でお伝えしました。

ポイントは価格、補償内容、受取方法


その中でも価格が重要で、少しでも出費を押さえてお得に使えるものを選ぶと、失敗なくレンタルができるということでした。このページでは国内に絞って紹介してきましたが、
国内のレンタルWiFiでは、

価格

補償内容

受取方法

空港営業時間で比較して、e-caが最もおすすめ。なぜなら、他の国内WiFiレンタルを比較しても、優位な結果を出していたからです。

国内でWiFiをレンタルする際にはe-caがあなたの大きな助っ人になってくれることでしょう!

おすすめの記事

  1. 無制限のルーターを上手に借りる!
  2. 国内・海外のレンタルルーター徹底比較
  3. 国内でWiFiレンタルを賢く選ぶには?
  4. 海外でレンタルWiFiを賢く選ぶには?
PAGE TOP